テニスの上級者は試合でもオープンスタンス

テニスの上級者は試合でもオープンスタンス

テニスのスタンスというのはその人のプレースタイルを左右する重要な要素ですが、初心者の場合はスクエアスタンスが馴染みやすいという人もいます。

スクエアスタンスで基本的なテニスの技術を会得したら是非ともオープンスタンスも身に付けたいものです。

最近の花形テニスプレーヤーを見ていると試合でよくオープンスタンスを実践していますね。

練習中はともかく試合ともなれば理想的なフォームで打ち返せない場合も多いです。

相手も、フォームを崩して良い球を打たせないように狙ってくるのです。

プロのプレーヤーでも前後左右に揺さぶりを掛けられてどうにか打ち返したりしています。

仰け反ったりつんのめったりとフォームを崩しながらも返球するオープンスタンスは、その分技術や瞬時の判断が要求されます。

コートのぎりぎりまで差し込んでくる深い球とか高くバウンドする球を打つ場合はオープンスタンスになってしまうとも言えます。

また、オープンスタンスだとスクエアなどと比べて相手にコースを読まれにくいので試合で有利なんです。

スクエアスタンスは初心者向き?

世界に名だたるプレーヤー達の試合を見ていると今の硬式テニスの主流はオープンスタンスなのかな?と思ってしまいます。

スピンを掛けた球を長く飛ばしてライン際で落とすような作戦が実行できると良いですよね。

オープンスタンスだと従来からあるスピンを掛ける打ち方以外に新しく編み出された打法も可能です。

しかし、初心者はスクエアスタンスと言ってボールに対して横を向いた様に構える打ち方が無理がないでしょう。

ボールに対して前を向いて構えるオープンだと腰のひねりを使うので身体に負担も掛かりやすいのです。

スクエアスタンスは軟式テニスでは寧ろ主流だと思われます。

右利きの人がフォアを打つ場合なら右足にあった重心を左足へ移動させながら打つのですね。

重心の移動を利用するので無理なく球が飛ばせます。

軟式でオープン気味に打っていたら手打ちだから直せと言われました。

テニスの試合を企画

スクエアが正確に出来ると軌道を正確にコントロールできます。

コートの全体をカバーしにくいので試合ではオープンスタンスも使い分けます。